グランツーリスモ ・ ゲーム ・ 車 ・ 日記 などを話題にしているブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆走チューンド・セリカラリーカー

久々にGTHDCで遊びました。先週までのようなカプチーノばかり走って、ランキング1位を争ってばかりいるのはあまりにも辛いので(笑)、今日は最速の車(?)のチューンド・セリカラリーカーで走りました。といっても逆走ですが(^^;

走ってみてまず思ったことは、あまりにもパワーがありすぎて扱いにくいと感じました。特にコントローラではアクセルの調整がシビアすぎて、すぐにホイールスピンしてました(>_<;
最初は1周するのもやっとで、車も暴れてましたし自分の手も暴れてました(笑)
今回セリカで走ったのは以前、順走と逆走どっちがいいタイムでるか試してみたいと記事に書いたんですが、それを確かめるため走ってみました。
まぁ結論から言うと、逆走で順走のタイムを超えるのは無理そう!?です(^^;
もちろん自分がまだ車に慣れていないってのもあるので、決まったわけではありませんが・・・
それに今日自分が出したタイムは1分6秒台にも届いてません(>_<;
これでは順走と比べる以前に話になりませんよね(;;)
しかもタイムアタックしてる時、睡魔が襲ってきてたので居眠り運転になる寸前で走ってましたから全然集中して走れてません(-。-;
まだ走り始めたばかりですが、このセリカラリーカーにはかなり苦戦する予感がします。さっきも言ったようにアクセルの操作がコントローラではシビアすぎるんです。アクセル開度を中間で維持するのは、ボタンでの操作では難しすぎですよ。

とりあえず今回分かったことは、順走と逆走どっちが速いかは車種によってだいぶ変わってくるということです。例えば、カプチーノは逆走が速くてセリカは順走が速いというように(^^)
今後チューンドセリカで走るとしたら、1位は無理でもせめて1分6秒台には入りたいな~と思ってます。それからカプチーノやロードスターも再び1位を目指して走らねばなりませんね。
なんかいろいろと走る車種が増えてきますが、マイペースで気長に走っていこうと思います。さすがに先週までのようなタイム更新ペースで走ってたら体がもちませんからね(^^;
スポンサーサイト
コメント
ノーマルカーの小排気量から突然チューンドカーのハイパワーのアタックですね☆
私も今はワイヤレスコントローラーで走っていますので、
リプレイ観て走りを参考にさせて頂きますね(^^)

私も今回、ワイヤレスで走ってみましたが、GTFPよりも遥かにコントロールが難しいです。
GTFPに比べると5倍以上も大変ですよ(^^;

最初はワイヤレスに慣れる為に安定性のあるエボ9のノーマルカーから始めましたが、
ボタン操作はアクセルコントロールがホント厳しいですね。
でも橋を超えた2連続ヘアピンの切り返しはワイヤレスの方がラクに感じました。

ワイヤレスを使いこなせるようにしないと、私にはGT5でのダートが待っていますから(^^;
お互い頑張りましょうね~♪
2007/04/26(木) 09:03 | URL | TTY #ax1/xodI[ コメントの編集]
TTYさん
記事もあったように順走と逆走の違いを見るために走りましたが、あまりにも大幅なパワーアップのおかげでまともに走れてません(^^;
今ダウンロードできるリプレイの走りは参考に出来るほどじゃないかもしれません。もう車が暴れてひどい走りになってます(>_<;
もうちょっとマシな走りになるように頑張りますね(^^)

やはりGTFPと比べるとコントロールが難しいですか・・・
今のところ車をうまくコントロールできなくてパワーを持て余してます(汗
しかも必ずといっていいほどホイールスピンが起きるので、いっその事ドリフトして走るべきかな?と思ってしまいます(^^;

GT5のダートのこともありますし、ある程度こういう車も慣れておかないといけませんよね。
お互いに頑張っていきましょう(^^)
2007/04/26(木) 13:31 | URL | Chakura #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Chakura

Author:Chakura
GT5・みんGOL5・MGSPW で遊んでる車好きなChakuraです(^^)

最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
月別アーカイブ
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

F1 Countdown
リンク
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。